浄水器の種類

昨今比較的簡単に導入できることから、すっかり家庭にも普及している浄水器ですが、
そもそも浄水器とはなんだろう、なにを綺麗にしているのだろうと思うことがあるのではないでしょうか。

実は現在の日本の水道水は、次亜塩素酸という消毒するための物質が個人の家につくまで残るようになっています。
つまりウィルスや有害な微生物などがもし混入していた場合でもちゃんと消毒されているので無害化されているということですね。

じゃあ浄水器は必要ないじゃないかとなるのではないかと思いますがそれは少し違います。
浄水器は有害な物質を取り除くためではなく、水道水に含まれるカルキ臭や塩素を取り除くために使用することができるからです。

そんな浄水器にはいろいろな種類があります。一般的には水道の蛇口の部分に取り付けることができるものが主流でしょうか。

他にも、水道水を組んでおくことでろ過できるポットタイプのものもあります。
ストローで吸うことで直接浄水することが可能なストロータイプのものは災害時など重宝することでしょう。
最近はシステムキッチン等に組み込まれているビルトインタイプも増加傾向にあります。

これは、普通の水道のほかに浄水用の水道が用意されています。
機能も様々で、基本的には上記のようにカルキ臭などを取り除くことが主になっていますが、
製品によってはアルカリイオン水を作ることができたり、鉛などの重金属を取り除くことができるものもあります。