浄水器の必要性

日本の水道水はきちんと濾過されていて消毒もされて、とても綺麗でそのまま飲める水です。
それなら別に浄水器っていらないのでは?という疑問を覚えるのではないでしょうか?

しかし、水道水の元が綺麗でも、それが家庭に届くまでの過程が大丈夫だとは限りません。
特に問題になるのは、マンションやアパートなどの一度屋上の貯水タンクに上げて、そこから分配する方式の水です。
きちんと管理されている所は良いのですが、管理がいい加減な所だと、長く検査がされず、蓋が腐食してゴミが入っていたなどという事はよくある事です。
このような分配式の水の場合は浄水器を付けるのは必須と言って良いでしょう。

また、水道管から直接取り込んでいる場合も安心出来ません。
水道管が途中で腐食して、サビなどが入り込んでいる場合がよくあるからです。
また、特に水道水が悪くない場合でも、浄水器を付ける事によって水が美味しくなるという効果もあります。
それは活性炭などによっていわゆるカルキ臭い臭いを取り除く事が出来るからです。

更には浄水器は雑菌やカビ、水道水の消毒用の塩素と反応して出来る危険な成分など、
水道水としての処理だけでは取り除けない微細な不純物や、処理の結果出来てしまった体に良くない成分などを除去し、安心して飲める美味しい水にしてくれます。
水道水は国の基準によって処理された安心な水ですが、それでもやはり設備の老朽化や途中の経過によって不安要素はあるのです。
それらを取り除いて、安心して飲食に使える美味しい水にするために浄水器はやはり必要と言えるのです。