浄水器とウォーターサーバーの比較

最近ではお水にこだわる人が増えてきて、ウォーターサーバーの家庭への普及率も上がってきましたよね。
重い思いをしてスーパーからミネラルウォーターをもって帰ってくることもなくなりますし、
飲みたい時にすぐにおいしいお水が飲めるし、料理にも、ミルクにも使える夢のような存在です。

でも、水代やメンテナンス費用、電気代などのランニングコストが掛かってしまうのが難点ですよね。
お水は1つだけでは変えず、最低2つ以上でないと注文できなかったりしますのであまりお水を飲まない家庭ではかなり高くついてしまいます。

その点、浄水器なら定期的にカートリッジを交換するだけでOKで、業者を呼ばずに自分で簡単にメンテナンスが可能なんです。
お水のボトルやサーバーを置くスペースも必要ないのもいいところですよね。
水道のお水をキレイに濾過しているので、安心して飲むことができますし、調理や赤ちゃんのミルクに使用することもできるんですよ。

一番気になるランニングコストを比較してみると、ウォーターサーバーは業者によっても多少の違いはありますが、だいたい年間6万円ほどかかります。
一方浄水器は、定期的にカートリッジを交換するだけですし、カートリッジもタイプによって2,000円くらいから3万円くらいです。
それ以外のランニングコストはゼロですので断然お得ですよね。

ですから、浄水器も未だに根強い人気があるんですよ。
浄水器にしようかウォーターサーバーにしようか迷っているなら、断然浄水器をおすすめします。